大分、バリアフリー上映会へようこそ 本文へジャンプ




活動  (バリアフリー映画と鑑賞会)


バリアフリー映画には2種類あります。

 @ Aタイプ
     音声ガイドが映画そのものに焼き付けてある場合。
     このタイプでは音声ガイドがセリフや音楽と同様に
     扱われ場内に流れるので一般の人にも聞こえる。

 A Bタイプ
     音声ガイドを別の素材(CD等)で上映する場合。
     このタイプは場内の送信機から音声ガイドを送信し
     必要とする人は受信用ラジオでガイドを聞く。
     音声ガイドや字幕の朗読はFM送信機の微弱電波で
     客席に送信される。
     客席では貸し出されたラジオで音声を受信する。
     FMラジオで聞かない限り一般の映画と変わらない。






FM送信機と受信用ラジオ
 

同行鑑賞会 

 (実施手順は、AタイプとBタイプで若干異なる)


  ・打ち合わせ    ・自主上映会の時は作品・日時・場所を、
              劇場映画はPR方法などを検討する。

  ・案 内       ・会員へ墨字と点字による案内文を郵送、
              一般の方へのPR(新聞社や放送局に
              記事を依頼)

  ・ボランティア手配

  ・当 日       ・自主上映会ではスクリーンやスピーカーなど
              会場スタンバイ

             ・到着場所ごとに誘導ボランティア配置

             ・ボランティアが付き添い会場まで歩行誘導

             ・受付(チケット購入など)

              (B)館内入場と同時にテスト放送開始
              (B)受信用ラジオの使用方法を説明
              (B)本番上映にあわせ音声ガイド送信

             ・終了後、送信ラジオ回収

  ・交流会      ・映画鑑賞後、希望者で食事会やお茶会

自主上映会後の食事会
     (大分県点字図書館)


  街中を誘導しながら移動


 ビデオを使って誘導の勉強会